どんな魚にアニサキスはいる?

 有名なものではサバ、サケ、ニシン、スルメイカ(アカイカ)、イワシ、サンマなどですかね。

 他にもホッケ、サワラ(サゴシ)、キンメダイ、アイナメ、ハマチ、カツオなどにもいることが分かっております。

 ちなみにこちらの動画はサーモン(サケ)にいたアニサキスの動画です。

アニサキス中毒ってどんなもの?

 最近は、医療系のテレビなどでも時々紹介されているので知っている人もいると思います。

アニサキス

 アニサキスは魚を生で食べる習慣のある日本での発症が多い食中毒で、年間多くて1,000例くらい発生しているといわれています。

 市販の魚などを食べている場合はそれほど発生していないみたいですが、釣ってきた魚やイカなどからの発生が多いとされています。

アニサキスの症状

 アニサキスに寄生された魚(イカも多い)を生で食べ、生きたアニサキスが胃内に侵入すると、そのアレルギー反応の1つとして激しい腹痛を引き起こします。

 アニサキスが胃壁や腸壁を破ろうとして痛みを起こすという説もあったのですが、最近ではアレルギー反応としての腹痛という考え方が主流になってきました。

アニサキスによる腹痛のイメージ

 吐き気嘔吐じんましんなどの症状を伴うこともあって、胃潰瘍と症状がよく似ています。

 原因となるものを食べてから8時間以内に発症するといわれています。

アニサキスに気を付けて食べたい人へ

 とはいえ、せっかくの釣ってきた魚をアニサキスのことを理由に食べないのはもったいないので、もう少し解説したいと思います。

捌いたブリ

釣ったらすぐに捌く!

 アニサキスは魚の内臓に寄生しているのですが、魚が死ぬと、内蔵から身の方(筋肉部)へと移動することが知られています。

 ですので、釣ったらすぐに内臓を取り除いて捨ててしまうことが有効な対処法の1つです。

血抜きしたアジ

 ただ、魚のサイズによっては釣り場でできないこともありますので、小型の魚の話になりますかね・・・。

加熱か冷凍で殺す!

 また、アニサキスは加熱か冷凍で死滅しますので、しっかりと過熱してから食べるか、2~3日間冷凍保存してから食べるようにするかすれば大丈夫です。

冷凍した魚

 お酢やわさび程度ではアニサキスは死にませんので注意して下さい。

アニサキスの症状が出たら・・・

 一番の対処法は生魚や生のイカを食べないことであり、腹痛になってしまうと病院に行く選択肢が最も有効な対処法となります、汗。

ラッパのマーク

 2018年にラッパのマークの『正露丸』がアニサキス症状を抑えるというニュースが取り上げられて話題になりましたが、あくまでもアニサキスの活動を抑えて、痛みを減少させる程度の効果なので、病院へ行かなくて良いわけではありません。

Page top icon