このページではブリ(ハマチ)っと称していますが、タックルはそれぞれ別物として考える方がオススメです。

ブリとハマチ

 ブリタックルでハマチを釣ると楽しくないですし、ハマチタックルでブリを釣るとそれはもう大変な目にあいますからねw

 ってことで、まずはブリタックルを紹介し、その後でハマチタックルを紹介したいと思います。

ブリのショアジギングタックル

 ブリサイズをショアジギングで狙うとなれば、専用のショアジギングロッドが必要になってきます。

 沖磯に上がるようなことも想定されますので、オススメは10フィートのミディアムクラス以上のロッドですね。

メジャークラフト クロスライド XRS-1002MH

 地磯や沖堤など、足場が高い場所では10フィートくらいの長さが必要になってきますので、9フィートのロッドではファイトの楽さが変わってきます。

 また、ロングキャストの必要性も考えるとやはりロッドの長さが有利になってきます。

 さらにコスパを追求するとメジャークラフトのロッドは本当にオススメしやすい1本と言えますね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 リールに関してはお財布が許す限り、ドラグ性能が良いものをお勧めしたいところですが、お財布事情なんかも考えるとバイオマスター以上のクラスかなと思います。

 シマノ系のリールであれば、4000番のHG(ハイギア)かXG(エクストラハイギア?)がオススメとなりますね。ちなみにダイワなら3500番くらいがオススメです。

シマノ バイオマスター 4000XG

 ブリクラスを相手にするなら耐久性なんかも考えてバイオマスターかツインパワーをおすすめします。

 アルテグラでも問題ないかもしれないのですが、耐久性という視点でみるとかなり変わってきます。

 ブリ相手にショアジギする方となると、ある程度長くショアジギングをする人だと思いますので、損しない買い物になるかなと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインはPE1.5~2号でリーダーはフロロの24~30ポンドクラスが2~3m必要です。

 ジグはベイトのサイズに合わせるのが一番良いですが、ジグの大きさで釣る魚のサイズを選ぶのもひとつの手段だと思います。

 大物のみの狙いであれば60gのジグをメインに使うと良いと思います。平均的に魚を釣りたいと考えるのであれば20~50gのジグを使うと良いと思います。

ブリの釣り方

 ブリの釣り方はカンパチなど他の青物と同様に、時合が本当に短いことがありますので、タイミングをしっかりと逃さないようにしてください。

 釣具屋さんなどの情報収集が本当に大事で、ポイントや時合を絞ってから行くと良いと思います。基本的に朝のまずめはヒットするレンジが浅いように感じます。

ショアジギングでブリ

 ジグの動きは他の青物と比較すると少しゆっくり目のロングジャークが良いと言われており、実際私もそれで釣っております。遅いとすぐに見切られてしまうイメージがありますが、案外と大丈夫ですねw

 どんな場合でも広く深く探りを入れられるように遠投可能なジグを用意しておくことが大切です。

ハマチのショアジギングタックル

 ハマチサイズをメインとしたショアジギングであればライトなショアジギングロッドで大丈夫です。

 何なら堅めのシーバスロッドやエギングロッドでも十分とも言えます(ただしオススメはライトショアジギングロッドね)。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-962LSJ

 40g前後のジグで中型までの青物を狙えるロッドで、ハマチクラスなら余裕で上げられるロッドです。ブリでも・・・まぁ、何とか?くらいのロッドです。

 緩急をつけたジャークなどテクニカルな操作性ができ、ミノーやバイブレーションなども比較的扱いやすいので、ジグでは食わない場合、他のプラグも使える優れものです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 リールに関しては、普通の3000番でも大丈夫だとは思うのですが、もし良いサイズが掛かった場合を考えると4000番は用意しておきたいですね。

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 ハマチ相手となると4000番は不要という声ももちろんありますが、良いサイズが掛かった場合を考えるとこのサイズがオススメです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインはPE1~1.5号でリーダーはフロロの16ポンドくらいでも十分ですね。

 ジグはベイトのサイズに合わせるのが大切ですが、遠投性能を考えると20~40gは用意しておきたいところですね。

ハマチの釣り方

 ハマチの釣り方はブリと同様、時合が本当に短いことがありますので、タイミングをしっかりと逃さないようにしてください、朝夕マヅメがオススメです。

 釣具屋さんなどの情報収集が本当に大事で、ポイントや時合を絞ってから行くと良いと思います。基本的に朝のまずめはヒットするレンジが浅いように感じます。

ショアジギングでハマチ

 ジグのアクションなど、細かいことは考えず、ジャカジャカ早巻きしてるくらいで十分です。居れば食ってくるくらいですね。

ブリ(ハマチ)はどんな魚か?

 ブリはご存知のとおり出世魚で、ツバス(イナダ)→ハマチ→メジロ(ワラサ)→ブリ と名前の変わる魚で最大で1mを超える大きさにもなる回遊魚です。

沖磯ショアジギングでハマチ

 通常はある程度の群れを作って通常は沖合いの水深80~100mほどのところを回遊し、春から夏は沿岸に寄って北上し、初冬から春にかけて南下する性質を持っている。

 食性は主に小魚を捕食するフィッシュイーターであり、ショアジギングでの好ターゲットといえますね。

Page top icon