アシストフックの付け方の基本

 私がジギングを始めた頃は、ジグの後(リア)にトリプルフックが付いていて、ジグの頭(フロント)にアシストフックを2つ付けるというのが主流でした。

 ま、そんな昔話はおいといて、今ではフロントアイにアシストフックを付けるというスタイルが主流になっています。

アシストフック

 アシストフックの付け方は個人の好みもありますが、私はアシストフックを垂らしたときにジグの半分くらいの位置にフックがくるようなものを選んで付けています。

 ただ、一般的にはジグの頭から1/3くらいのところと言われており、青物の場合は頭から食ってくるともいわれており、そこまでシビアに考えなくてもフッキングするとも思います。

 アシストフックは長くすればするほどフッキングしやすくなりますが、ラインやジグと絡まってしまうトラブルが増えるというデメリットもあるのでバランスが大切です。

フロントアイにアシストフックを1本つける

 ショアジギングではこのアシストフックを1本というものが主流なのかな?っと思います。

アシストフック1本

 特に以下のような状況ではオススメできると思っています。

  • ターゲットが大型の場合(ジグを丸飲みするから1本でOK)
  • スライドフォールを多用する場合(絡まりにくい)
  • 根魚狙いでボトム取りを多くする場合(根がかり防止)

 ただ、状況によってはハリ掛かりしにくいシーンもありますので、そういう時は2本に切り替えてもいいのかな?っとは思います。

フロントアイにアシストフックを2本つける

 オフショア(船)でのジギングではこの付け方が主流のつけ方だと思っています。

アシストフック

 大型の青物ではさほど問題にはならないのですが、ハマチやシオなどジグを丸飲みせず、ジグに当たってくるような魚の場合、かかりやすいと思います。

 デメリットは特にないとは思うのですが、フロント部にアシストフック1本の場合よりはラインと絡まったりすることが多いのかもしれません。(特に気になるほどではないと思いますが・・・。)

フロント部にアシストフックを1本+リア部に1本つける

 正直なところ私はこのスタイルをあまりしません。デメリットとしてリアのフックがラインと絡まりテーリング(エビ状態)を起こしやすいからです。

 スローショアジギングなどの釣りを展開する場合はこのセッティングをするケースもあるみたいですが、割と限定的なのかな?っとも思います。

リア部にアシストフックを1~2本つける

 こちらもあまり私はしません・・・。サバやカツオ、シーバスなどがターゲットの場合は後ろから追いかけてきて喰うようなシーンが多いターゲットにオススメされています。

トリプルフック

 が、こういったターゲットの場合は初期で付属されているトリプルフックでも良いんじゃないかな?っとも思うわけです。

Page top icon