ここで書いている磯からのショアジギングというのは地磯などの陸続きのところではなく、渡船などで渡るような磯のことを書いています。

磯のショアジギング

 地磯でも良いポイントはありますが、地磯はやはり情報が少ないのと、荷物を持って歩く距離が長いと危険なことが多いので、渡船などで渡る磯の方が個人的にはオススメと考えています。

磯からのショアジギングのタックル

 磯からのショアジギングでは大物が出ることも珍しくないし、潮の流れによって状況が一変することもあります。

 大物を逃したくないからこそ、タックルはきっちりしたものを選びたいところです。

ショアジギングタックル

 以下のタックルが標準的でオススメだと思います。

  • ロッド:9~10フィートくらいのショアジギングロッド
  • リール:6000~8000ハイギアのリール(ドラグ性能が良いもの)
  • ジグ:40~60gをメインジグに
  • メインライン:メインはPE2~3号
  • リーダー:フロロの16~30ポンドくらい
  • ランディンググッズ:タモ網必須
  • ライフジャケットやグローブ、磯靴など

 一応、上記は標準的なことを記載しましたが、場合によっては遠投が必要で100gのジグが役に立ったり、細いリーダーでしか魚が食ってこないなど様々なシーンが想像されます。

 あれもこれも用意したいところですが、大荷物にならない程度に抑えたいというのも正直なところです。

磯からのショアジギングのポイント

 磯からのショアジギングでもただ闇雲にキャストを繰り返すだけではもちろんNGです。

磯の潮目

 まずはこんなところを見て魚の動きを予想していきましょう。

  • まずはボトムをしっかりと把握する
  • カウントダウンを繰り返し、急深な沈み根などを探す
  • 目視で潮の流れを把握する
  • ジグをシャクって、水流の抵抗から潮の流れを把握する

 私も最初は磯にさえ上がってしまえば、パラダイスのように魚が待ってくれているものだと勘違いしていたのですが、磯は意外と戦略的な攻略が必要なことを思い知りました。

 経験値を稼ぐためにも色々な磯に上がってみることが一番ですが、最初に行くなら魚がよく上がっている磯か、足元から水深があるような磯に上げてもらうと良いと思います。

磯での魚の取り込み方

 磯では思わぬ根があったり、自分の前に岩があったりと、なかなかエキサイティングなファイトが楽しめます。

 磯は魚に有利な地形で、人間側から言えばアウェーな状況だと言えますね。

ブリの取り込み

 せっかく掛けた魚をバラしたり、ラインブレイクしないように取り込みのことをイメージしながら釣りをしましょう。

  • ランディングする場所を見つけておく
  • 掛けたら強引に引き寄せず沖で魚を弱らせよう
  • 自分の近くにある根は把握しておこう
  • ランディングは他人に任せよう

 狙うのはもちろん青物が多くなると思うのですが、青物は左右に走るので取り込みがなかなか大変です。魚の移動と共に人間も移動してやるのが取り込み率を上げる最大の方法だと思います。

 でも、足元には十分注意が必要です。安全第一で楽しむようにしてください!

磯からのショアジギングのマナー

 場合によってはエサ釣り師さんたちと同じ磯に上がることもあったり、他の磯の方との関係もあるので、お互いに釣りを楽しむためにもこんなところは気をつけておきましょう。

  • イシダイ釣りの方やカゴ釣りの方と狙うポイントが同じ(おまつり注意)
  • 磯に上がる時、磯から降りる時は釣り人同士協力しよう(荷物の移動など)
  • 迎えの時間には全て片付けておくこと(船を待たせない
  • 荷物はできるだけまとめられるようにしておくこと
  • 予約の際にショアジギングをすると伝えておくこと

 このくらいは最低でも守りたいマナーです。マナーができていればエサ釣り師と情報の共有ができることもあるので一挙両得なこともあります。

磯

 例えば、磯の潮は底から動き出すと言われているので、イシダイ釣りの方が連れ始めたらチャンスだと言うことです。

 仲良くしてもらって、色々教えてもらうと良いと思います。

Page top icon