ジグは大きく分けると3種類のバランスに分けられます。

  • フロントバランス(頭が重たい)
  • センターバランス(真ん中が重く太い)
  • リアバランス(お尻が重たい)

それぞれのジグバランスの特徴を以下から紹介していきます。

フロントバランスのジグの特徴

フロントバランスのジグの特徴としましては水平にローリングしながらフォールするといわれています。

 着水後やジャーク後にラインテンションをかけてやるとそんなアクションをしているんだとイメージしながらフォールを演出しています。

 ただ、慣れないとライントラブルを起こしやすい気もするので、慣れるまでは苦労するかもしれません。

この手のジグはあまり売っていないような印象を受けます。私が知っている中では以下の1商品だけです。

撃投ジグ

 個人的にスティンガーバタフライのスライデントシリーズが好みだったのですが、廃盤になったみたいで、最近は激投ジグを使っています。

 テンションを掛けながらの水平フォールができるので面白いジグだと思っています。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

センターバランスのジグの特徴

 センターバランスのジグが最も一般的で特に記載がなければ大抵のジグがこれだと思います。

 ただ巻きでもフリーフォールでもジャーキングでも平均的にしっかり動いてくれるので扱いやすいジグだといわれています。

ダイワTG ベイト

 このジグは高価です・・・。タングステンなのでとても高いです。なくなったら毎回泣きそうになります。

 でもシルエットが小さいのに遠投がきくので、ベイトが小さいときなんかには外せないジグの1つとなっております。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

リアバランスのジグの特徴

 リアバランスのジグの特徴はなんと言っても飛距離とスパイラルフォールだと思います。

 重心が後方にあるので、遠心力が付きやすいので心地よくキャストすることができます。

 あと、形が平らなものはスパイラルフォールしやすいので、フォールで食わせる時にはものすごく活躍します。

ヤマリア ムーチョ ルチア

 スリムな形状で風や潮の影響を受けにくいようで、スムーズに動かすことができるジグですね。

 それとどこの釣具屋さんに行っても置いてるような気がして、買いやすいジグだと思います^^

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

撃投ジグエアロ

 引いているだけでゆらゆらとウォブリング(?)をするので、サバやカツオなどタダ巻きで後から追ってくるような魚相手にぴったりのジグだと思います。

 遠投もできるしフォールも早く、キャスト時の振り抜き感の良さもお気に入りのジグです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す
Page top icon