カマスのショアジギングタックル

 カマスのショアジギングは専用タックルは特に必要ないと思います。ライトなバスタックルがあれば十分ですかね。

釣ってきたカマス

 ラインもPEラインでなくとも、フロロカーボンラインで十分です。また、ショアジギングとは少し離れますが、トラウトの管理釣り場などで使うスプーンヤプラグ、バス用ワームでも良い反応をしてくれます。

 とはいえ、専用のタックルを用意したいというのであれば、メバリングのロッドがオススメですね。

メジャークラフト スカイロード SKR-T762M

 メバリングロッドとしてはスタンダードなモデルで、カマス用のショアジギングロッドとしても十分使えるロッドです。

 このロッドはチューブラーモデルなのでジグを操作しやすく、キレのあるアクションが可能なので、特におすすめです。

 ただ、ネット上で検索してみた範囲では在庫が切れかかっている印象もありましたので、欲しい方はお急ぎくださいませ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ショアジギングというとハイギアのリールなイメージがありますが、カマス狙いであれば2000~2500くらいの普通のリールでも大丈夫です。

 ライントラブルが少なく、100mくらいのストックができるリールならまぁどれでもOKかもしれませんね。

シマノ アルテグラ 2500S

 とりあえず初心者さんでも中級者くらいまではアルテグラでも十分かと思います。

 カマス相手と考えるなら、そこまでのドラグ性能は求められませんので、このくらいのクラスのリールでも十分だと思います。

 巻き感や耐久性を考えると、もっと上のモデルでも良いのですが、お値段も上がりますので・・・。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインはPEラインでいくなら0.6~0.8号くらいで、ナイロンやフロロラインであれば8~12lbくらいが一般的なのかなと思います。

 ジグでもジグ以外のリグでも、5~15gまでの範囲であることが多いですね。

ショアジギングでのカマスの釣り方

 カマスのベストシーズンは一般に秋口の10月~11月くらいですが、群れが入っている情報があれば、5月くらいから釣れるような地域もあると思います。時合はほとんどが朝夕に偏っているように個人的には感じます。

カマスの大漁

 テクニックは特に必要なく、投げてタダ巻きでも十分にヒットさせることのできる獰猛な魚です。

 活性が高いときにはカマスのボイルを見ることもできますし、堤防などのポイントでは足元での8の字リトリーブをしているだけでも釣れるような場合も多々あります。

 日中に狙う場合や活性が低いようなときには中層~ボトム付近をスローに巻くと良いです。

カマスとはどんな魚か

 カマスとは色々な種類が生息していますが、一般にショアから釣れるものはアカカマスのことをさしていることが多い。

カマスの生態

 平均して30cmくらいのサイズのものがターゲットとなります。

 小型ながら意外と獰猛なフィッシュイーターで群れで移動している魚で、群れさえ見つけることができれば初心者でも簡単に釣ることのできるターゲットです。

Page top icon