カンパチのショアジギングタックル

 堤防からシオを釣る場合はシーバスタックルでも良いかもしれませんが、磯に上がってカンパチを釣る場合だと、当然専用のショアジギングロッドが必要になってきます。

会場釣り堀のカンパチ

 9~10フィートくらいのミディアムヘビーか、ヘビーのロッドが良いです。突然80cmを超えるような大物もヒットしてくるので、ある程度パワーのあるロッドにしておくことが事前策として有効です。

メジャークラフト クロスライド XRS-1002MH

 地磯や沖堤など、足場が高い場所、さらに遠投性能を考えるとロッドに10フィートくらいの長さが必要になってきます。

 カンパチは1度掛けると可能な限りバラしたくないターゲットの1つなので、少し高くてもハイスペックなロッドをオススメします。

 とはいえ、ハイエンドモデルはなかなか手が出ないこともあるくらいのお値段なので、コスパを追求してクロスライドがオススメかと思っています。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ バイオマスター 4000XG

 シマノのリールであれば、バイオマスターかツインパワー以上のモデルをおすすめします。

 ドラグ性能や耐久性を考えるとあまり安すぎるリールだといろいろと心配になってしまうので・・・。

 ある程度長くショアジギングをすると思うなら、このレベル以上がすぐに必要になってくるので、損しない買い物だと言えます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインはPE2号でリーダーはフロロの24~30ポンドクラスが2~3m必要だと思います。

 ジグは回っているベイトのサイズに合わせるのが一番ですが、ジグの大きさで釣る魚のサイズを選ぶのも有効だと思います。

 大物狙いに照準を絞るのであれば60gのジグをメインに使うと良いと思います。平均的に魚を釣りたいと考えるのであれば30~50gのジグを使うと良いと思います。

ショアジギングでのカンパチの釣り方

 カンパチ(シオ)だけに限ったことではないのですが、青物の時合は本当に短いことがあります。今さっきの30分が勝負だったな・・・ということはザラにありますので、逃さないようにしてください。

 事前に釣具屋さんなどの情報を聞いてからポイントに行くと良いと思います。

ショアジギのカンパチ

 基本的に朝夕のまずめはヒットするレンジが浅いこともあるので、上ずっている時間帯に釣ってしまうのが最強だと思います(それが難しいw)。

 活性が高いときも低い時も基本的にはジグをやや早めに動かし見切られてしまわないことが大事です。活性が高いときは正直なんでも食ってくるのですが、レンジが深いときや活性が低い時は縦のアクション(ジャーク&フォールなど)で攻めると有効な時があります。

カンパチ(シオ)とはどんな魚?

 カンパチは1mを超えることもある大型の回遊魚で春から夏にかけて北上し、冬から春にかけて南下する季節的な回遊を行うことが知られています。

まな板の上のカンパチ

 小さいうちは動物性プランクトンなどを食べて成長し、大型になってくるとイワシやキビナゴなどの小魚を捕食するようになる。

 単独で生息するものや群れを作るものがいて、そのあたりはよく分かっていない。

Page top icon