カサゴのショアジギングタックル

 カサゴはジギングで狙うとしても7フィートくらいのバスロッドで十分だと思います。私はいつもバスロッドで遊んでいます。

かわいいサイズのカサゴ

 バスロッドであれば、ジグで釣れないときにでもワームへの変換なども容易にでき、アジングでもメバリングでも逃げ道となります。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-792M/S

 カサゴ(ガシラ)のショアジギはバスタックルでこなせるほどのライトなものですが、根魚で良いサイズがきたときは一気に引き離したいです。

 そういったパワーを持っているロッドといえばやはりロックフィッシュ専用モデルですね。

 極論を言えば、ベイトモデルの方がパワーがあるのですが、最初に買うならスピニングモデルのトリプルクロスがオススメかなと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインもPEラインでなくともフロロカーボンの8ポンドくらいのラインでも十分です。PEラインであれば0.6号のラインが一番だと思います。

 ジグは10gくらいのものを用意して、岩礁付近やストラクチャー周りを順に攻めていくと良いと思います。

 また、根がかりとの戦いにもなりますので、フロント部にアシストフックの1本のみで十分です。

シマノ アルテグラ C2000S

 カサゴのショアジギングは比較的ライトな釣りで、そこまでの遠投性能の必要もありませんので、2000番クラスのリールでも十分です。

 ダイワのリールなら月下美人辺りでもいいと思います。メバリングやアジングにも使える繊細なアタリを感じることのできるものが良いですね。

 ラインが細い釣りになりますので、ある程度のレベル以上のリールでないとライントラブルが増えますので、釣り以外の時間が増えてしまうかもしれませんよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ショアジギングでのカサゴの釣り方

 カサゴのベストシーズンは年中だと思います。岩礁とある程度の条件さえ揃えば、よほどの状況でない限りはそこに魚はいますので、高活性の魚だけを狙っていきましょう。

オフショアで釣ったカサゴ

 また、堤防でのカサゴジギングの場合は足を使って、足元のボトムを中心にどんどんポイントを移動して行くようにラン&ガンで攻めると釣果が伸びると言われています。

カサゴってどんな魚?

 カサゴは最大で30cmくらいの大きさになる魚で、体の色や模様などは住む海域によってそれぞれ異なります。

まな板の上のカサゴ

 一般に浅いところに住む固体は褐色で深いところに住む固体は鮮やかな赤い色をしているのが特徴です。

 食性は肉食性で、ゴカイなどの虫やカニなどの甲殻類、小魚なども一口で丸飲みします。

 基本的には夜行性だが、日中でも岩陰に潜んでいるので、釣ることは可能です。

Page top icon