カツオのショアジギングタックル

 ショアジギングロッドの中でも小型のジグ(15g前後)が扱えるものがあれば良いですが、なければ9フィートくらいのシーバスタックルがオススメです。

ショアジギングでカツオ

 私自身、ショアジギタックルを持ってない頃はシーバスタックルで20gくらいのジグを抱えて釣りに行ってましたので^^

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ

 カツオ相手のライトショアジギングにおいてはスタンダートな1本で、堤防から、サーフ、地磯など幅広いポイントで扱うことができます。

 それほど根が荒くなければ、中型青物とのファイトもそこそこ大丈夫なので幅広いショアジギングに使える点もオススメです。

 私自身、堤防からこの番数のロッドでメーターサワラをゲットしてます、ファイトでも余裕ありましたよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 カツオ以外のショアジギングターゲットのことも考えるなら4000番台のハイギアは用意しておきたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインは1号くらいのPEラインにリーダー3号が一番オススメですが、12ポンドくらいのフロロカーボンのライン直結のみでやっても特に違和感はないですよ。

 カツオのショアジギングで頭を使う必要はありません、回遊しているカツオ向けてキャストし、投げて巻くだけで釣れますのでw

 使うジグは20gまでの比較的小型のジグの方が反応が良いような気がしています。

 財布に余裕があるのであれば、タングステン素材の同じウエイトでも小型化されていて、遠投ができるようなジグがあると釣りやすいと思います。

ショアジギングでのカツオの釣り方

 本などを読んでいるとよくサーフでの好ターゲットと書かれていることがありますが、堤防でもカツオが上がっているポイントであればそこで十分です。

 潮通しさえ良くてベイトが入ってくるのであれば、特に問題があるようなターゲットではありません。ベストシーズンは夏真っ盛りのシーズンで朝夕のまずめの時間帯が良いですね。

 テクニックは特に必要ななく、キャスト後いったん底を取ってからタダ巻きで当たってくるのを待つと良いです。

 釣れるタナが分かれば特に底を取る必要はありません。アタリが遠のいてきたらワンジャーク入れるようにしても良いかもしれませんが、あまり派手なアクションは逆効果だといわれています。

カツオとはどんな魚か

 カツオは種類によって大型化するものもあり、1mを超えるような個体も中には存在しますが、ショアジギングの対象となるのは30~50cmくらいのソウダガツオがほとんどだと思います。

カツオの生態

 日本では太平洋側に多く、食性は肉食性で魚などを主に捕食しています。カタクチイワシなどに付くカツオを狙うのが一般的で、時期的には初夏のころですね。

 防波堤でもサーフでも磯でも、比較的どこででも釣ることのできる好ターゲットです。

Page top icon