このページではショアジギングの基本的な持ち物を紹介したいと思います。専用ロッドやリールなど詳細な選び方などは別のページに記載しています。

ショアジギングの基本的な持ち物一覧

 他にもあった方がいいグッズは細かくありますが、このくらいあれば大抵の場合で問題はないと思います。

基本の釣り具

 車から近いポイントの場合はどれだけ荷物が増えても問題ないのですが、地磯など、車から遠いポイントではあまり荷物が多くなるのも考え物なのです。

  • ショアジギング専用ロッド(シーバスロッドでも可能な場合も)
  • ハイギアのリール(3500~5000番の間)
  • PEラインとリーダー(予備もあった方が良い)
  • ジグ20~60g(数とカラーは多い方が良いが、重い)
  • タモまたはギャフ・フィッシュグリップ(取り込み用)
  • プライヤー(ハリを外すときにないと怪我をする可能性あり)
  • ライフジャケット
  • サングラス(偏光グラスがオススメ)
  • クーラー(キャチするなら氷も必須)
  • ナイフ(魚を絞めるのに必要です)

絶対必要ではないけれどあれば面白いグッズ

ジギングサビキ

 マダイ用や根魚用など様々なサイズのジギングサビキが販売されていますので、ジグではどうしても喰わない時などに有効なことも。

 ショアジギングの場合、全長があまりにも長いものは扱いきれませんので、短めのサイズがオススメです。

 あくまでも釣れないときの補助グッズ、ベイトの正体を知りたいときのグッズと思って用意しておくといいかもです。



神経締め

 魚を超美味しく持って帰るための神経締めのグッズです。

 昔は船頭さんが針金やピアノ線でやっていたりしていましたが、最近は専用のものが販売されていますね。騙されたと思って1度使ってみて下さい。

 ちなみに詳しくはこちらのページで紹介していますので、1度ご覧ください。

 この画像ではイメージが掴みにくいとは思いますが、針金は魚の大きさによって、長さや太さが決まっています。厳密に決まっているわけではないのですが、

  • 50cmまでの魚:太さ1mm、長さ50cm
  • 50~80cmの魚:太さ1.2mm、長さ80cm
  • 80~100cmの魚:太さ1.2mm、長さ100cm

 と、大体こんな目安となっています。

 私はジギング船にもよく乗るのですが、乗る船によってはサービスで神経締めをやってくれるような船もあります。

 気持ちの問題かもしれませんが、やはり神経締めをしてもらったときの魚は格別に美味しいですね。

 気のせいかどうかはアナタ自身がやってみて確かめてみてください!



フィッシュグリップ

 ショアジギングでは釣った魚をどうにかするのは自分しかいません。オフショアジギングでは船頭さんにお任せというところもありますが、ショアジギングではそうはいきません。

 フックを外すのにも意外と苦労することもあるかもしれませんが、そういうときに役に立つのがこのフィッシュグリップです。

 結構小さくてショボく見えるのですが、このグリップがものすごく役に立ちます



Page top icon