このページでは最初にショアジギングの魅力を紹介したいと思います。ショアジギングは大変そうなイメージがあるので最初に払拭したいと思います。

ショアジギング

ショアジギングの何が楽しいのか?

 ショアジギングと一口に言っても、何も陸からメジロやブリを狙うばかりがショアジギングではありません。確かに花形ターゲットは青物ではありますが・・・。

 逆にライトなショアジギングもありまして、初心者さんが始めるなら青物よりももっと身近なターゲットから始めるといいかなと個人的には思います。

 このくらいのターゲットであれば堤防から比較的簡単に狙えるのでオススメです。

 もちろん、ここに載っていない魚が突然釣れたりすることもあって、どんな魚が釣れるか分からないのがショアジギング最大の魅力ともいえますね。

ショアジギングは常に回遊待ちの釣り?

 ショアジギングは回遊待ちの釣りと思われがちですが、意外とそうではありません、私も最初は回遊待ちの釣りだと思っていました。

回遊待ちの時間帯

 魚が岸に近づいてきた一瞬のチャンスを狙う釣りで、魚が来るまでひたすらキャストを繰り返す、拷問のような釣りだと・・・思ってました、笑。

 もちろん、狙うターゲットによってはどうしても回遊待ちになることもありますが、単に待ってキャストを繰り返すだけがショアジギングではありません。

  • ベイトを探す
  • 潮目やヨレを探す
  • 大きな地形の変化を探す
  • ポイントを探す

 などなど、意外と頭を使ったり、足を使って探したり、予想を立てたりと戦略的な面も多いものです。

 ただし、釣具屋さんや知人友人、先行者から教えていただく情報が何よりも重要で、群れが入ってきている時間帯が分かれば戦略もへったくれもありません。

 ポイント別の考え方は以下のページで紹介しましたので、参考にしてみてください。

ショアジギングは食べておいしい釣り

 ソルトウォーターフィッシングの大半は食べておいしいのが最大の魅力といえます。

 淡水のバスはリリースが基本ですし、管理釣り場のマスもそこまでおいしい魚ってわけではありませんからねぇ。

ショアジギングはおいしい釣り

 ハマチやカツオ、サワラなどの大型魚はもちろんのこと、タチウオヤカマス、アジ、ガシラなど、どれをとっても美味しく食べられる魚ばかりです。

 もちろん、小さな魚や元気な魚はリリースしてあげるとしても弱ってしまった魚はリリースしても死んでしまうので、責任をもって食べてあげる方が良いなあと思いますけどね。

 こちらのページで魚の絞め方とアニサキスについてのことを記載していますので、併せてご覧ください。

Page top icon