このページではショアジギング用のリールの選び方の基本を紹介したいと思います。

 色々な選び方があるとは思いますが、国内の二大メーカーであるシマノかダイワのリールしか選択肢がない状況とも言えますね、苦笑。

まずはリールのサイズを考える

 ターゲットによってはこれよりも小さなサイズのリールでも問題はないと思いますが、ここではややライトめなショアジギングの話をさせていただきます。

ショアジギングリール

シマノのリールであれば、3000~5000番のサイズが一般的で、それ以上となるとかなりガチのショアジギングになります(ちなみに私はシマノのツインパワー4000のハイギアです)。

 ダイワのリールであれば、3000~4000番のサイズが一般的です(それ以上はガチのショアジギね)。

メーカーによってリールの番数が統一されていないので少し違和感があるかもしれませんが、順番にサイズを並べてみると以下のような順序になると思います。

  • シマノ3000番
  • シマノ4000番=ダイワ3000番
  • ダイワ3500番
  • シマノ5000番
  • ダイワ4000番

 ちなみにシマノのリールで『C』が付いたリールがありますが、ワンサイズ小さいボディにその番数のスプールをつけたリールです。

 (例)3000Cは2500番のボディに3000のスプールを搭載したリールです。

ショアジギングではハイギアのリールを選ぼう

 ハイギアのリールは通常のリールとは異なり、巻き上げ速度の速いモデルです(下の写真は通常モデルの1000番ですw)。

ツインパワー1000番

 巻き上げ速度が速いことのメリットとしては以下のようなものがあげられます。

  • 着水後、アクションまでの立ち上がりスピードが速くなる
  • キャスト後の糸フケ(ラインスラック)の回収が早い
  • ジグを巻く時のルアー抵抗を感じやすい

 巻き上げ速度が速い反面、巻き上げが重いとよく言われますが、最近のリールの性能の向上からそれほどのデメリットを感じられなくなっていると思います。

リールは軽ければ軽いほど良い!けど

 ショアジギングはやはり鉛の塊(ジグ)を何度も何度もキャストし、リーリングするので、ロッドもリールもやはり軽い方が楽で良いのです。

ショアジギングリール

 目安としては500gまでのリールがオススメですが、究極の理想をいえば400gくらいまでのリールが良いと思います。

 が、軽くなればなるほどリールのお値段が跳ね上がってきますので、お財布と体力と相談して決めてください。

 私の一押しはシマノのツインパワーシリーズですね。ステラも欲しいとは思うのですが、やはりお値段を考えるとツインパワーになってしまうというところです。

シマノ ステラ4000XG

 ステラはシマノのリールの中でも最高峰に位置するリールで超軽量のボディで釣り人憧れのリールの1つです。

 中でもショアジギングにオススメしたいのがこのシマノ ステラ4000XGです。値段はハンパなく高いですが、最高のハイギアモデルです。

 ステラを使ってみた感想としましては、やはり巻き上げ効率が高く、軽い力でするするとリーリングできるので、心地よいです。ボディ自体もかなり軽量化されているので丸1日使用してもさほど疲れません。

 ドラグ性能もよく、大物とのファイトにも存分に応えてくれます。ステラのデメリットはやはり値段ですね。

 個人的にはステラを1つ買うか、もう少し頑張ってツインパワー(下で紹介しているリール)を2つ買うか本気で悩みます。

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる

ダイワ ソルティガ3500H

 ダイワのリールの中で最高峰のシリーズでショアジギングにオススメなのがダイワ ソルティガ3500Hです。自重はやや重いのですが、磯場での青物やサワラなどの大型の回遊魚にでも十分対応できる懐の大きさが最大のメリットだといえます。

 しかも自重の割りにそれほど疲れないリールだとのクチコミが多いです。

楽天市場で値段を調べる
Amazonで値段を調べる
Yahooで値段を調べる
Page top icon