このページではショアジギングロッドの選び方の基本を紹介しています。

ショアジギングロッド

 初心者さんへのわかりやすさ重視のため、ある程度絞って記載していますので、行くポイント(遠浅だとか急深だとか)や狙うターゲットによって違いありますので、ここでの記載の限りではない場合がありますので、そのあたりはご理解ください。

 また、ターゲット魚別でもタックルは紹介していますので、狙う魚が決まってる方はそちらも参考にしてみて下さい。

一般的なショアジギングのロッド選び

 まずは一般的なショアジギングロッドの選び方を紹介したいと思います。

 以下の3項目を満たせばまずOKです。

  • 9~10フィートくらいのショアジギングロッド
  • ミディアム~ヘビークラスのショアジギングロッド
  • 30~60(最大80g)のジグを扱えるショアジギングロッド

 念のため大型サイズの魚がかかっても大丈夫なようなロッドを記載していますので、場合によってはこれより少しライトなロッドでも大丈夫だと思います。

 もし、磯場デビューを考えているのであれば、悔いを残さないためにもこれくらいのクラスは用意しておいた方が良いと思えるロッド選択です。超大物を侮る事なかれです。

クロスライド XRS-962MH

 青物ゲームのスタンダードモデルで、ジグを中心にプラグにも対応する1本です。

 操作性に優れ、テクニカルなショアジギングを楽しむことができるロッドで、コスパも踏まえるとこのくらいのロッドがオススメです。

長さ(ft):10'0"  自重:?g
PEライン:1~3号  ジグ(g):20~60

ライトショアジギングのロッド選び

 ライトショアジギングロッドは、そこまで深く考えて選ぶ必要はないかなと思っています。

 大型青物とのファイトを考えるなら真剣にロッド選びをしたいですが、そういうわけではない場合、深く悩む必要はないかなと・・・w

  • 9~10フィートくらいのショアジギングロッド
  • ミディアムクラスのショアジギングロッド
  • 20~40gのジグを扱えるショアジギングロッド

エヌワン NSS-962LSJ

 ちなみに私が使っているショアジギングロッドです。

 ライトショアジギングクラスなのですが、ブリも上げていますので、沖磯でなければそこそこ使えるロッドだと思っています。

 ジグは50gまでとなっていますが、ちとさすがにつらいですね、40gくらいまでが使い勝手が良いですね。

長さ(ft):9'6"  自重:?g
PEライン:1~2.5号  ジグ(g):30~50

さらにライトなショアジギロッド選び

 例えば、少し大きめのアジやカマスを狙う場合はこんなロッドでも良いかもしれません。さらにメバルの場合は()内に記載しましたので参考までにどうぞ。

 最近はジグを扱うこと前提のメバリングロッドやアジングロッドもたくさん出ていますので、専門にする方はそちらを使う方が良いかもしれませんね。

  • 8フィート前後のショアジギングロッド(7~8フィートのメバルロッド)
  • ライトクラスのロッド(バスロッドならライトクラスのロッド)
  • 5~20gくらいのジグを扱えるロッド(1~10gのジグを扱えるロッド)

シマノ ソアレSS S706ULT

 メバリングをするにしてもメバルショアジギングをするにしても十分対応できるオールラウンドな1本。

 穂先の感度はかなり高く、アタリをしっかり感知、しっかりフッキングまで持ち込むことができます。

 小型のプラグやメタルジグも5g程度までなら余裕をもって扱えるロッドです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ちなみにこのあたりのクラスになると私はバスロッドで対応するか、ライトショアジギングロッドを使うかにしています。

 新しくロッドを買うまでもないかなぁと思っているのが本音ですねw

 バスロッドでも、ミディアムクラスではもう堅すぎたり、ジグが軽くてうまくキャストできないようになってくると思いますので、できるだけライトなバスロッドがオススメです。

Page top icon