サバのショアジギングタックル

 サバのショアジギングのタックルは9フィートくらいのシーバスロッドで十分です。

サバ

 かかったあとにかなり走るので周りに人が多いような堤防では、あまりにもライトなロッドにすると周囲の釣り人とオマツリ騒ぎになってしまうことがあるので注意が必要です。

 そういう可能性も減らしたければショアジギングロッドの方が強引にでも引き寄せられるのでオススメです。

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいてはスタンダートな1本で、堤防から、サーフ、地磯など幅広いポイントで扱うことができます。

 それほど根が荒くなければ、中型青物とのファイトもそこそこ大丈夫なので、サバ相手なら手軽に楽しめます。

 私自身、堤防からこの番数ロッドでメーターサワラをゲットしており、そのサイズまで十分余裕ありますよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 他のショアジギングのことも考えるなら4000番台のハイギアは用意しておきたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインはPEラインがやはりオススメで1号くらいで、リーダーは12ポンドくらいのフロロラインを1メートルもあれば十分だと思います。

 ジグは入っているベイトに合わせるのが一番ですが、平均的に15gくらいのジグが一番多用していると思います。

 良い型が入っていることがはっきりしているならば30gのジグでも大丈夫かもしれません。

ショアジギングでのサバの釣り方

 サバ自体の活性にもよりますが、群れが入っているときは比較的浅いレンジでヒットしてくるように思うので、上のレンジから徐々に沈めていくような釣り方がオススメだと思います。

サバ

 巻き上げの速度を早くさえしておけば、ジャークなどなしでタダ巻きで十分釣れる魚だと思います。

 ベストシーズンは釣り場にもよりますが、7月頃から10月くらいが良いようです。時合は基本的には朝夕のまずめ時期がやはり良いです。

 群れが大きければ大きいほど、朝の魚がそのまま日中にもずっと釣れ続けるというようなこともあります。

サバとはどんな魚か

 サバは全長約50cmほどになり、マサバとゴマサバが多い。

サバ

 春に北上し、秋に南下するという回遊魚です。食性は肉食性で、動物プランクトンも食べるし、小魚なども捕食します。

 大きな群れで回遊するため、釣れ出すと止まらないようなときもあります。サーフなどではカツオに混じって釣れることもありますし、ハマチに混じって釣れることもあります。

Page top icon