ショアジギング-シャクリ方のコツ

 ショアジギング初心者の方や何度か行ったけど釣れなかった方は、自分のシャクリ方が正しいのかどうかが分からない(分からなくなった)と思います。

ショアジギングでしゃくる

 私も釣れないときはそう思うときがありますが、実際は魚の群れがいなかったという場合が一番多いのだと思います。

 シャクリ方はそれほど重要な要素ではない場合もあります。

とはいっても、気になるのが正直なところなので、いくつか紹介したいと思います。

ワンピッチジャーク

1シャクリに対して1回リールを巻くような感じでスッスッスッとリズムよく行う基本のシャクリ方だと思います。

 ナブラがある、明らかに周りで立て続けに魚が釣れている、など特別な状態でない限りは、どんな魚に対しても有効なアピールができるので、このワンピッチショートジャークをメインに組み立てていくと良いと思います。

ジャカジャカ巻き(ワンピッチショートジャーク)

 ワンピッチジャークをさらにテンポよく、リーリングスピードもシャクリスピードも上げたものです。ロッド全体でアクションするワンピッチジャークとは異なり、ロッドの先の方だけでアクションするようなイメージですね。

 ナブラが発生しているときや周りで魚が立て続けに釣れて、明らかに群れが回ってきているときなどの鉄板のシャクリです。

ロングジャーク

 私がジギングを始めた頃にこのロングジャークをしているとよく怒られました、笑。そんなゆっくりした動きじゃ魚に見切られてしまう!なんて・・・。

 でも今ではロングジャークは低活性時に有効なアクションとして君臨しています。ゆっくりふわっとジグを浮かせてフォールをさせるようなイメージですね。

 フォールの長さは好み次第ですが、長めに取ることが流行だと思います。

 私の場合はスーッスーッ、ストーンというテンポですることが多いですね。

シャクリ方を動画でチェック

シャクリ方ではないけれど・・・(表層引き)

表層引き

 ショアなどの水深があまりないようなポイントや明らかに表層で魚が捕食しているようなシーンでは表層を早巻きすることが有効なことがあります。

 ロッドを立てたまま、一生懸命リールを巻いてください。シャクリの必要はほとんどの場合で必要ないですがこの項目に書いてみました、汗。

慣れとシャクリと疲れ

 シャクリ方は慣れるとどんどん楽になります。最初こそリズム感やロッドやリーリングに慣れないため疲れやすいですが、慣れてきます。

腕の疲れ

 ただ、慣れてくるとジグの動きが単調になり急に釣れなくなることがあります

 初心者のビギナーズラックとも言える釣れやすい状況はシャクリが下手でジグの動きがぎこちなくて、それが魚に対して強烈にアピールすることだとも言われています。

 この減少もさらに慣れてくるとぎこちなく動かすということも分かってきますのですぐに釣れるようになります。結局は慣れと経験に任せるしかないのです。

Page top icon