ソイのショアジギングタックル

 ソイのショアジギングはカサゴのときとほぼ同じタックル、つまりは7フィートくらいのバスロッドで十分な場合が多いです。

ソイ

 厳しい岩礁帯や地磯周りの場合はしっかりしたベイトタックルの方が良いと思いますが、基本的にはそれもバスタックルで大丈夫です。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-792M/S

 ソイのショアジギはカサゴやメバル、堅めのアジングロッドなんかで代用可能だと思います。

 ただ、繊細ながらもある程度のパワーを持っているロックフィッシュ専用モデルが最もオススメというのは間違いありません。

 コスパから言ってメジャークラフトのロッドが初心者さんにはオススメです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C2000S

 ソイのショアジギングは比較的ライトな釣りで、そこまでの遠投性能の必要もありませんので、2000番クラスのリールでも十分です。

 ダイワのリールなら月下美人辺りでもいいと思います。メバリングやアジングにも使える繊細なアタリを感じることのできるものが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

 ラインもPEラインでなくともフロロカーボンの8ポンドくらいのラインでも十分です。PEラインであれば0.6号のラインが一番だと思います。

 ジグは10gくらいのものを用意して、岩礁付近やストラクチャー周りを順に攻めていくと良いと思います。

 また、根がかりとの戦いにもなりますので、フロント部にアシストフックの1本のみで十分です。

ソイのショアジギングでの釣り方

 ソイのベストシーズンは年中ですが、イワシなどの群れが入ってくるような初夏~真夏頃が一番釣りやすい思います。

クロソイをゲット

 岩礁やテトラなど、ある程度の条件さえ揃えば、よほどの状況でない限りはそこに魚はいますので釣ることが可能です。

 また、堤防でのソイジギングの場合は足を使って、足元のボトムを中心にどんどんポイントを移動して行くようにラン&ガンで攻めると釣果が伸びると言われています。

ソイの生態基礎知識

 ソイは岩礁帯に潜む魚で全長は最大で50cmにも達する。基本的には夜行性で日中は身を潜めており釣りにくい場合がある。

ソイ

 日本では太平洋側では比較的数が少なく、日本海側に多いとされている。

 食性は雑食性とも思えるほど何でも食べるが、大きくなってくるとほとんどがイワシやキビナゴなどの小魚を捕食するようになる。

Page top icon