ポイントにもよると思うのですが、サーフでベイトが入っている場合は色々な種類の魚種が入っていて、サバ、カツオ、シオなどが入り乱れて釣れることもあるので、独特の面白さがあります。

サーフでの釣り

 また、ヒラメやマゴチなどサーフでしか釣れないような特殊なターゲットもいますしね。

サーフでのショアジギングでは変化を探す釣り

 サーフからのショアジギングではとにかく変化を見つけることが釣果を左右すると思います。

サーフでのポイント探し

 ナブラや鳥山、潮目などは当然なのですが、海のにごりの境目であったり、川からの流れで地形が変化しているようなところにベイトが集まりやすく、対象魚も集まりやすくなるからです。

 離岸流を見つけられるとやはりサーフの釣りは強いと思います。

離岸流の見つけ方

離岸流

 あまりにもざっくりしたイラストでアレなんですが、このイラスト通りなので実際にサーフに行って探してみてください。

 離岸流ができているポイントは、沖へ沖へと海流ができてますので、サーフが尖ったようになっております。

 その付近に釣果を伸ばせる秘訣が詰まってます!!

サーフショアジギで釣れないとき

 ジグ以外のルアーローテーションをやってみてもあまり釣果が伸びないときは、ジギングサビキをつけてベイト調査をしてみてください(ちょっと見にくいけど下の写真w)。

ジグサビキ

 想像以上にベイトが小さい場合(シラスのようなサイズ)ではジグには見向きもしてくれませんので、作戦を変える必要が出てきます。

 ただし、ジグサビキは絡まりやすく、車での移動でも収納にとても困ります、苦笑。

 でも、念のため1つは常備しておくと良いと思いますよ、ボウズ逃れのためのお土産確保にもオススメですw。

Page top icon