堤防は波を受ける場所に作られたものなので、大抵のポイントにおいて潮通しが良いところに作られていますので、好ポイントになることが多いです。

ショアジギングができそうな堤防

 特に沖に設置された一文字は好ポイントになる要素が多いと言えますね。

 とはいえ、すべての堤防が完璧なポイントではありませんし、色々な形状があり、色々な要因がありますので、狙うポイントをいくつか紹介したいと思います。

堤防の一級ポイントはやはり先端部

 堤防の先端部は一級ポイントであることが多いです。

 潮通しはもちろんのこと、この先端部に潮が当たるため複雑な流れを発生させているのでベイトも貯まりやすいのです。

沖堤防

 青物などの回遊魚~根魚まで本当に色々狙えちゃうポイントになるので、沖に向かっているような形状の場合はまずはここから魚が釣れ始めるというポイントの1つですね。

 さらに自分の視界180度全てが自分の狙えるポイントになるので、幅が広がりますよね。

 ただし、人気のポイントになりやすいので場所取りが大変というところがデメリットとも言えますね。

沖ばかりが狙い目じゃない!?

 沖堤防で、更に沖のブレイクなどを狙う、潮目を狙うということも狙いの1つですが、案外と沖堤防自体がポイントになっているようなこともあります。

 ベイトが入ってきている状況で、この足元の堤防の壁に小魚を追い込んで青物やタチウオが捕食しているシーンを時折見かけます。

堤防の際もポイント

 何も沖ばかりがポイントではありませんので、その時の状況状況によって狙う箇所を変えてみるのもおすすめです。

 沖向きのポイントでは足元にテトラが入っている場合も多々ありますので、テトラの際で大型の根魚が釣れることもありますし、シーバスが潜んでいる場合もあります。

 もう巻き上げようと思った瞬間に魚がかかって慌てて逃がしちゃうなんてことがないように心しておくことが大切かもしれませんね。

壁際ジギングもある

 壁際ジギングという釣り方もありますので、沖ばかりがポイントではないことはすでに証明されています。

ローリングベイト

 特にシーバスを狙うなら、この岸際ジギングで攻めることも選択肢の1つにしておくとボウズ逃れができるかもしれません。。

 注意点は、ポイントに入ったときに海を覗き込まないことと、根(岸)がかりを恐れずギリギリを攻める必要があることくらいでしょうか?。

 ぜひとも挑戦してみてほしい釣りです^^

Page top icon